歴史探偵

趣味の歴史、地理ネタを書きまくろうと思っていたら、仕事柄どうしてもTVの記事が多くなる今日この頃…

奥渋ランチ日記 Vol.2

極私的ランチの記録その②

f:id:candyken:20180515110540j:plain

 

日本列島酒場  上五島

宇田川町にある1~3階まで飲食店が入ったビルの2階にあります。初めて入って「ごっつ丼」という名の1500円の海鮮丼を頼んでしまった。五島列島の刺身がのったうえに(ここまでが「ごっつ丼」の並)さらにマグロがのっかっている。このマグロがのっかると「特」にランクアップします。ランチにしては少しぜいたくしたが、美味しさ・ヴォリュームともにかなりの満足。店員さんもハキハキしていて感じいいです。

f:id:candyken:20180515112126j:plain

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13173806/

 

俺流塩らーめん 渋谷公園通り店

東京でよく見るチェーン系のラーメン店。チェーンの割には(と言ったら怒られるかもしれないが)けっこう美味しくて、ラーメン気分のときは時々行ってしまう。写真は俺流男盛りラーメン980円。スープはこってりしてそうだが、意外にあっさりしています。店員さんはカウンター内の作り手の方が、ビシッとした雰囲気を作っていて、サービスのバイトさんがキビキビ動いている。ラーメンに岩のり、とろろこんぶ、うめ、柚子胡椒等のトッピングを加えることができ、食している後半で味に変化をつけて楽しむことができます。

f:id:candyken:20180619164928j:plain

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13211610/

 

hotel koe

渋谷公園通りにあるホテルが運営するカフェ。店の壁面は一面ガラスでいかにもオシャレ!という雰囲気が漂う。女性客の割合高し。ハンバーガーをいただきましたが、ふつうに美味しかったです。一緒に行った同僚はパスタを頼みましたが、大盛りにできなくて残念そうでした。男同士でガッツリランチ!というときには向かないかも。でも女性だったらヴォリュームも問題ないと思います。ドリンクのアイスコーヒーは水出しでたいへん美味しかった。

f:id:candyken:20180627110255j:plain

hotel koé tokyo | ホテル コエ トーキョー

 

寅や

そばから串焼き重やらさば煮やらバラエティーに富んだ和食ランチを味わえるお店。写真は「野菜天ぷらそばセット」。これにしらすご飯もしくはサラダがついてきます。しっかりきっちり美味しい店です。お店の方もテキパキしていて、忙しい中、おそるおそるそば湯を頼んでみましたが、快く出していただきました(当たり前といえば当たり前かもしれないけど)。11時45分だと空いてましたが、12時回るとすぐ混み始め”待ち”が発生していました。定食御飯一杯お替り無料です。

f:id:candyken:20180723182135j:plain

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13097858/

 

スタジオ アンビシャス

誰かに連れていってもらわないとほぼ行かないであろう雑居ビルの3階にあります。扉をドキドキしながら開けると中はスナック風の造り。基本的にはスパゲッティを食べるお店です。それも女子受けしそうなカフェで食べるパスタではなく「ガッツリ食いたい!」という男飯的な感じ。写真はナポリタンの中盛300g・850円。ここは小盛150g、普通盛200g、普中盛250g、中盛300g、大盛450g…どの量を頼んでも同じ値段です。こういうところも実に男飯的。付け合わせのサラダとドリンクも付いてきます。雰囲気より”量”で勝負したい気分のとき行きたくなる。

f:id:candyken:20180723183508j:plain

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13176126/

 

 ※Vol.1はこちら。

www.rekishitantei.com