歴史探偵

趣味の歴史、地理ネタを中心にカルチャー全般、グルメについて書いています。

桜を10倍面白く愛でる〜古典文学編〜

もうすぐお花見の季節。「こんなこと知ってると桜の観賞体験が深くなるかも…」という知識を集めてみた。今回は古(いにしえ)の人も同じように桜を楽しんでいたというお話。

f:id:candyken:20180318204946j:plain

まずは江戸時代の俳人・松尾芭蕉の一句から。誰にでも思い当たるフシがあるこの気持ち。

さまざまの事おもひ出す桜を哉(かな)

桜を味わっている人、特にひとりでお花見に来た人なら少し感傷的になって、昔見た桜とその時の状況を思い出すこともあるでしょう(ある程度の年齢を重ねた大人ならば)。桜に文字通り、"さまざまな事"を重ね思いつつ、味わってきたのが日本人。

 

続いては古代の歴史的な事実から。

 万葉集では「はな」というと、桜のことらしい。

万葉集は7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本最古の歌集。この中で使われる「はな」という言葉は一般的に「桜」のことだ、と言われてるらしい(諸説あり)。それほど昔から日本人は桜を花を代表として考えてきた。

 一方で奈良時代に入ると中国から梅が入ってきた。つまり梅は外来の樹木。当時としては梅の方が舶来の象徴と思われたのか、奈良の都の貴族文化のなかでは梅が主流となった。それが平安時代後期になると、もう一度ゆり戻しのように、宮廷を中心として、さまざまな行事に桜が登場し始める。

もう一度歌集から見ておくと、平安時代前期の「古今和歌集」で取り上げられている代表的な花は梅。ところが、平安時代の半ばには宮中の庭に植えられていた「右近の橘左近の梅」として植えられていた梅が、桜の木にとってかわられる。さらに時代が下った鎌倉初期の「新古今和歌集」では桜が主流の花となり、日本人の桜好みが定着する。

 

古代人の信仰と桜との関係について。

古代民俗信仰においては「木花之開耶姫(このはなのさくやひめ)」という、春の女神で豊穣をもたらす神が桜の木に降りてくる、とされていた。

確かに春、木々が一斉に芽吹き始めると、そこここで、生命そのものが目を覚ましてうごめき出したような気にさせられることがある。古代の人はそれを神様が桜の木に降りてきて、活動を始めたように解釈していたのか。

 

続いては平安時代の歌物語「伊勢物語」の中で在原業平(ありわらのなりひら)が詠んだ歌。

 世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

桜が世の中に存在しているから、散ることを思うとやきもきしてたまらない。いっそ、桜がなければいいのに、という内容。

すると、そばにいた人が、

 散ればこそいとど桜はめでたけれうき世になにか久しかるべき

散ってしまうからこそすばらしい。世の中で永遠にながらえるものなどあろうか、と返したそう。確かに桜が散らずにずっと咲いてたら誰も見向きもしないかも。

 

いずれは散ってしまう桜に思いを寄せた文学作品としてはこういうのもあります。江戸時代、越後の清貧の僧として知られた良寛の句です。

 散る桜 残る桜も 散る桜

この句も「言われてみれば確かに…」という気になる。いずれは散ってしまう桜への哀切。でも散ってしまうからこそ、今、目に焼き付けておこうという気持ちも芽生えるのだろう。太平洋戦争中、特攻隊員が遺書に引用した句でもあるらしい。特攻隊員がどんな気持ちで満開の桜を見上げていたのだろうか、と思うと胸が痛む。

 

※参考文献

花を旅する (岩波新書)

花を旅する (岩波新書)

 

 

※日本の桜の名所を紹介するマツコの番組をまとめたもの。よく出来た番組でした。

www.rekishitantei.com

 

 ※蓮の花がもたらす豊潤なイメージについて書きました。

www.rekishitantei.com