歴史探偵

趣味の歴史、地理ネタを中心にカルチャー全般、グルメについて書いています。

池袋でアウトドアランチするならココ!〜南池袋公園〜

芝生の上でランチする贅沢。

f:id:candyken:20190315201922j:plain

 

とても池袋とは思えない(?)公園がある

池袋ってどんなイメージでしょう。

駅と合体した巨大なデパート群、時折、埼玉の植民地とも揶揄される、なんとなく垢抜けないターミナル…そんなところではないでしょうか(池袋在住の方、気を悪くされたらごめんなさい!)。

でもそんな池袋にも、他エリアの住民からすると、うらやましくなるような公園があるんです。

それが南池袋公園。

場所はここ。

f:id:candyken:20190315204254p:plain

池袋駅から歩いて5分程度です。

行ってみたのは早春は3月の平日のお昼。朝はまだひんやりしていた空気が、いい感じでゆるみ、ポカポカしてきたくらいの時間帯でした。

 

子ども向けの施設が充実!

その日はものすごく子ども連れの方が多かった!

それもそのはず。子どもたちが遊べる施設がすごく充実しているんです。

こちらは横に広い滑り台

f:id:candyken:20190315204429j:plain

こちらは、遊具。

f:id:candyken:20190315204504j:plain

そして、これは初めて見た!なんと備え付けの卓球台です。

f:id:candyken:20190315204536j:plain

けっこうスタイリッシュ!遊具も進化しています。

 

手ぶらで来ても大丈夫!カフェあり

またこの公園、身一つで来ても大丈夫です。おしゃれなカフェがあります。

f:id:candyken:20190315204617j:plain

美味しそうなカフェ系メニューが並んでいます。

f:id:candyken:20190316004438j:plain

外にパラソルとテーブル席もあるので、レジャーシートみたいなのがなくてもアウトドアランチできます。

その日も、ランチを食べ終えたサラリーマンが優雅に読書していました。職場の近所にこんなところがあったらいいだろうな。

トイレもバッチリ。使用してみましたが、まだ新しくてキレイでした。

f:id:candyken:20190316004820j:plain

 

豊島区の悲しい歴史 米軍による大空襲

豊島区の歴史を伝える説明板もありました。少し悲しい歴史…。

f:id:candyken:20190316005135j:plain

太平洋戦争末期の昭和20(1945)年4月13日〜14日、豊島区一帯を焼き尽くした、米軍による大空襲についてのものです。

豊島区の死者778人。当時の豊島区も人口の約7割が罹災したといいます。

こちらは戦争の被害を受けた地域を塗り分けた地図。

f:id:candyken:20190316005230j:plain

4月13日の空襲で被害を受けたのが赤い部分。豊島区の大半が焦土になったのがわかります。

空襲による多くの犠牲者が、この南池袋公園の一角に埋葬されたんだそうです。

豊島区の人が強いられたそんな悲惨な体験を思うと、芝生の上で平和にランチができるってなんとありがたいことだろう…。月並みだけど思ってしまう。

 

最後に〜開園は2016年 そりゃ新しいはずだ〜

豊島区の公園に関するHPを見ると、もともとあった公園が2016年にリニューアル・オープンしたことが分かります。

南池袋公園|豊島区公式ホームページ

最近の公園整備もずいぶんセンス良くなってきている気がします。今度は自分もランチしてみよう。