歴史探偵

趣味の歴史、地理ネタを中心にカルチャー全般、グルメについて書いています。

早春・渡月橋から至近距離プチ歴史散歩

渡月橋でバスを待っている間に行ける歴史スポットがある。

f:id:candyken:20180325181852j:plain

2018年3月24日京都嵐山・渡月橋を訪れてみた。

今年は嵐山の桜の盛りにはまだ1週間程度早いもよう。渡月橋の下を流れる桂川。その川沿いの桜もついさっき目が覚めた、といった感じの表情だ。

f:id:candyken:20180325181858j:plain

それでもこの日の渡月橋にはかなりの人出。満開が予想される3月31日、4月1日の週末はいったいどれほどの混雑になるのだろう。

 

渡月橋からすぐ下流の川の中には重機が入っていって何やら作業している。

f:id:candyken:20180325182024j:plain

おそらく川底の浚渫をしているのだろう。川は時折、川底の砂をさらって水深を一定に保たないと、大雨のとき水があふれて洪水が起きやすくなってしまう。観光地に重機とは無粋かもしれやいが、防災のために必要な大事な作業なんだろうな。

 

さて折に触れテレビなどで京都を代表する渡月橋だが、そのごくごく近くにいくつか歴史を感じられるスポット(ポイント)がある。

 

まず、渡月橋の北詰(天龍寺側)にある「三条通」の標識。

f:id:candyken:20180325182105j:plain

三条通というからには、もちろんあの京都市街の三条通とひと続きの道。この道を辿って行くと確かに市街のいわゆる”三条”に出る。でも京都市街からだいぶ離れたここ嵐山で、三条通が存在するのは不思議じゃないですか?

 

実はこの道、平安京が置かれる前から渡月橋のある辺りと現在の京都市街地辺りを結んでいた古道らしい。

ゆえに平安京が置かれたときに、東西の通り(一条、二条、三条等)の位置を決める際、この古道も一つの基準として使われたと言うのを聞いたことがある。この古道の延長線上を平安京の三条としたわけだ。あとから作られた平安京の”三条”という名前が逆にこの古道にも適用されたというわけ。

この渡月橋の「三条通」の標識を見るたびに、平安京以前の、京都の歴史の古層を想って楽しくなる。

 

続いてこちらは渡月橋がかかる桂川の看板。

別名大堰川(おおいがわ)とある。

f:id:candyken:20180325182148j:plain

大堰(おおい)とは何だろうか。

大堰とは大きな堰(せき)の意で、川をせきとめるための施設。この大堰も平安京以前の歴史に関係がある。

 

5世紀後半、この辺りには秦(はた)氏という朝鮮半島から渡ってきた渡来系の氏族が根を張っていた。彼らは高い土木・治水技術を持っていて、桂川に堰を作り、水を引いて、嵐山周辺の土地を田畑に変えていった。

 

今でもその名残の堰が渡月橋上流約100mのところに存在する(当時の堰が実際にどんなものだったのかは想像するしかないが)。

f:id:candyken:20180325232439j:plain

彼ら秦氏は、桓武天皇が平安京を造営する際もその土木技術力を提供したと言われている。そんな秦氏の"よすが"が「大堰川という川の名前」「今でも見られる堰」から感じられる。

 

渡月橋からの「至近距離歴史ポイント」。最後は、渡月橋の向かいにあるこの神社。

f:id:candyken:20180325182356j:plain

自分も京都の歴史には詳しいつもりでいたが、この神社は今回初めて知った。「え!こんなとこに神社あったっけ?」という感じ。

 

細い参道を歩いてゆくと、突き当たりにこじんまりとした社殿と説明書きが。

 

f:id:candyken:20180325231241j:plain

f:id:candyken:20180325182428j:plain

この小さな社もやはり秦氏と関係があったのか、と驚き。大井神社の大井もというのも、大堰川の大堰とおそらく同じ意味だろう。この神社自体が秦氏の存在のよすがである。

 

実は秦氏は関東にも進出していて、例えば神奈川県秦野市の秦野のいう地名も「秦氏」に由来する、という説もある。

 

今回は渡月橋のすぐそばにある歴史スポットについて紹介してみた。渡月橋で京都市街地や京都駅行きのバスを待つスキマ時間があれば(この日も乗車を待つお客さんで長蛇の列だった!)ちょっと訪ねてみて、京都のディープな歴史に想いを馳せてみるいいかもしれません。

 

※京都三条からの歴史散歩。三条は繁華街の真ん中なのに歴史の宝庫です。

www.rekishitantei.com

※京都の「鬼門除け」に関する記事。京都人は目に見えないものを大切にします。

www.rekishitantei.com