歴史探偵

趣味の歴史、地理ネタを書きまくろうと思っていたら、仕事柄どうしてもTVの記事が多くなる今日この頃…

ます酒と人情と〜御徒町・たる松本店〜

東北人のクラス会で使われるお店らしい。

f:id:candyken:20180322211106j:plain

上野の国立科学博物館で特別展「人体」を見て、たいへん興味深く面白かったが、アタマがたくさんの情報を詰め込まれすぎて熱を持ってしまった休日の宵。これは一杯呑んでアタマを冷やさねばなるまい、と考えた。

 

自分はふだん東京の西側(代々木)に住んでいる人間。上野に来るとちょっとした旅行気分もある。そうなればやっぱり上野らしいところで飲みたいということで、JRのガード下に足を向けた。

f:id:candyken:20180324144749j:plain

上野のガード下はいつ以来だろう。数年前に「もつ焼 大統領」(こちらも名店です)に来て以来な気がする。しかしこの日はあいにく店の外まで行列が出来ていた。雨の中、辛抱強く待つお客さん。名店は強い。

 

あきらめてガード下に沿ってするするとさらに南へ歩くと、いかにもザ・居酒屋、という看板「たる松」を見つけた(冒頭の写真)。窓からのぞいてみると空きテーブルもある。これ幸い!と飛び込んでみる。

 

その日は雨。濡れた傘をどうしようかと思っていると、年配の女性の方が傘袋を持ってサッと来て、傘が入れやすいように袋の口を開けて持ってくれた。こういう気づかいがあると店の第一印象はすごくいい。この店にして良かった、と思う。

 

さてメニューはというとこのようなラインナップ。

f:id:candyken:20180324145007j:plain

 看板と同様、正統派居酒屋な品々が並ぶ。どれも日本酒に合いそう。

 

生ビールで心を落ち着けて待っていると、運ばれて来た刺身三点盛。新鮮でいい歯ごたえ。

f:id:candyken:20180324145047j:plain

 

もつ煮込みはもつがたっぷり入っていてかなり満足感。

f:id:candyken:20180324145135j:plain

 

串かつは大阪でよく食べるタイプとは違って、相当肉厚でした。これはこれで食べ応えがあって美味しい。

f:id:candyken:20180324145349j:plain

 

さて、お酒のメニューには「たる酒」とある。

f:id:candyken:20180324145446j:plain

屋号も「たる松」だし、これは飲まねば、と思い、男性の店員はんにおススメを聞いてみると「どれも美味しいですが、高清水(たかしみず)かな」とおっしゃる。じゃあそれをいただいてみよう。

※ちなみに高清水は秋田市のお酒でした。

www.takashimizu.co.jp

 

お酒は写真のように供される。あら塩が小皿にサービスで付いてくる。モロに塩が出されるサービスは初めて体験。酒だけ頼んでも一杯やれる、ということか。

f:id:candyken:20180324145658j:plain


チビっと高清水をすすってみると、プーンとますの木の香りが香っていい感じ。ます酒はちょっとしたアミューズメントですね。

 

フードも食べ終わり、最後の一杯をやりながらお店の方と話す。店の歴史は57年だという上野という土地柄なのだろう、山形、秋田など東北の方々がここで毎年決まった日にクラス会など開く例が多いらしい。一度来たらまた来たくなる、人に愛される店。そんな温かさがこの店には確かにあった。

 

「年々来られる方が減っちゃってね。飲まれるお酒の量も減ってね」とも。確かにこういういかにも昔ながら、というお店はあまり若い人は来ないのかも。

 

でも「上野」×「ガード下」×「日本酒旨し」という居酒屋好きにはたまらない好条件が揃っているし、カウンターの中にはたるが飾ってあったり、酒燗器もある。

f:id:candyken:20180324145743j:plain

f:id:candyken:20180324145811j:plain雰囲気と人情は素晴らしいので、末永く繁盛して言っていってもらえるといいなあ。

 

※特別展「人体」の感想をこちらに書いています。

www.rekishitantei.com