歴史探偵

趣味の歴史、地理ネタを書きまくろうと思っていたら、仕事柄どうしてもTVの記事が多くなる今日この頃…

横浜・山下公園すぐそばの贅沢~ホテルニューグランド~

クラシックホテルって面白い!昨年のイブの時期に奈良の奈良ホテルに泊まってそう感じた。

 

それなりに”お高い”ホテルに泊まって、上等の接客サービスや広くてゴージャスなルーム空間を味わうのはまあ当然の楽しみ。でもクラシックホテルだとそれらに加えて、歴史のあるホテルならではの、趣きのある家具や調度品、ロビーに飾ってある時代の移り変わりをとらえた写真など、館内にいるだけで、ちょっとした

時間旅行を楽しむことができる。

 

で、今年宿泊することに決めたのは、横浜のホテルニューグランドのタワー館の15階。窓からの眺めは”おお!”と声をあげたくなるくらいの素晴らしい眺望だった。

f:id:candyken:20171228193451j:plain

実は横浜のみなとの風景を、きちんと目に入れたのは初めてだったんだけれど、

ほんと美しいですね。建造物も、観覧車あり、パシフィコ横浜の特徴ある半円形あり

タワーあり…とバラエティに富んでいる。長崎の入り組んだ湾岸美にも魅せられるけれど、横浜の都市景観美も全く別ジャンルの卓越した魅力がある。

 

ホテルニューグランドをクラシックたらしめているのは、同ホテルの”本館”の存在で

昭和2年(1927)に開業している。

f:id:candyken:20171228193909j:plain

本館2階に向かう階段や壁には、一目で往年の建築とわかるような階段デザインやタイルがあって、すべすべと手で感触を味わうのも楽しい。

f:id:candyken:20171228194052j:plain

f:id:candyken:20171228194056j:plain

普段は宴会場のロビーとして使われている広間が、クリスマスの期間だけはバーに変貌していた。柱には何か楽器を持ってる人物のレリーフがある。

スタッフの女性に、何を持ってるのですか?と尋ねると「琵琶です」と即答。スタッフ全員(かどうかはわからないけど)に、建物の歴史が受け継がれている気がして、なんだか嬉しくなった。